マタニティ婚花嫁向けのブライダルエステ

施術の前にかかりつけ医に相談する

最近は、授かり婚、ダブルハッピー婚とも呼ばれるマタニティの花嫁さんも増えています。挙式までの期間が短い場合も多く、ご自身の美容ケアにはあまり時間をかけられない方もいらっしゃるようです。しかし、あきらめるのはまだ早い!そんなマタニティ婚の花嫁さんでも、短期間かつお腹に負担の少ないプランを用意するエステティックサロンが増えています。妊娠期は、肌が敏感になりがちです。施術で用いるトリートメント剤も、無香料、無着色、低刺激性のもを用いることがあるようです。また、お腹に負荷のかからない仰向けの姿勢でできる短時間のフェイシャルや手足のボディトリートメント等が中心となります。ヒーリングミュージックを聞きながら、ここちよいプロの施術に身をまかせ、ゆったりと過ごすひとときは、心身ともに癒されます。挙式前の忙しさから解放されるひとときはストレス解消にもなり、お腹の赤ちゃんもニッコリのはずです。妊婦のカラダに配慮したメニューとなってはいますが、念のため、施術を受けるにあたって、かかりつけの産婦人科医に相談しておくと安心です。また、少しでも体調に不安を覚える場合は、施術を中止することも大切です。
マタニティエステプランで妊婦さんも安心!

マタニティ婚さんのためのブライダルエステアドバイス

妊婦さんがブライダルエステを受ける時のポイント

最近は、4人に1人がマタニティ挙式と言われています。そんなマタニティさんのためのブライダルエステのプランも充実してきました。マタニティさんがブライダルエステを受ける際に押さえておきたいポイントを3つアドバイスします。その1、挙式1ヶ月まででもあきらめないでOK。通常、ブライダルエステは、半年〜3カ月以上前からスタートさせるのが基本となっています。しかし、挙式まで1ヶ月であっても、ポイントを押させた施術を用意しているプランもあります。フェイシャル、ボディトリートメント、シェービングの3つがパックになったプランがオススメです。その2、安定期に入った妊娠中期なら心配も少ない。ちょうど妊娠5〜8ヶ月頃は、つわりも軽くなり体調が安定する時期といわれています。ブライダルエステを受けるのであれば、この時期がおすすめです。お腹も大きくなってくることですので、妊婦とお腹の赤ちゃんに負荷のかからない楽な姿勢でうけられること、妊娠中は肌が敏感になっていることもあるので、低刺激性のトリートメントなどをチョイスしてもらうようにしましょう。その3、無理は禁物。体調に異変を感じたらすぐに中止。ブライダルエステを受ける前に、かかりつけの産婦人科医に必ず相談するようにしましょう。いくら安定期といっても、妊娠期はちょっとした刺激で体調が変わることがあります。日頃は気にならない、化粧品の香りいがつらかったり、長時間同じ姿勢でいるのが困難になってきたりします。施術中、体調変化を感じることがあれば、すぐに中止して休憩するようにしましょう。また、体調がすぐれないときは、思い切ってキャンセルすることも大切です。